歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

安中0201(安中ぜろにいまるいち)遺跡 平成31年2月調査
調査場所

安中市下秋間地内

調査期間

平成31年1月1日から平成31年3月31日

調査原因

平成30年度西毛広域幹線道路整備に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

安中土木事務所

主な時代

古墳、奈良、平安、中世、近世

遺跡の内容


2月の調査は、調査区東側半分の第2面以下の調査を終了させ、西側の調査を進めました。調査区中央部で確認された谷地では、As-B軽石(1108(天仁元年)に浅間山の火山活動により噴出した軽石)が堆積した直下に、耕作痕(耕作に伴う鋤先・鍬先などの痕跡)が広がっていました(写真1)。南の斜面地の麓では、古墳時代とみられる竪穴建物の跡が確認されました(写真2)。南北約4m、東西約4.5mで、北側の壁の中央やや東寄りにカマドの痕跡がありました。調査区西の一段高い小谷部では、平安時代頃と見られる遺物が散在していました(写真3)。この時期の遺物は、調査区内各所で見つかっています。調査区南西の台地上は、ほとんどが近現代のかく乱を受けておりましたが、北部には、中小の礫が積み上げられた状態の一角がありました(写真4)。この台地の縁辺(調査区外)には古墳があることが知られています。これらの礫の出土状況から、まだ知られていない古墳の一部である可能性も考えられています。

連絡先/安中201遺跡調査事務所 070-4458-0366

調査区中央部谷地の耕作痕

写真1 調査区中央部谷地の耕作痕

第1号竪穴建物

写真2 第1号竪穴建物

西小谷部出土の平安時代の土器

写真3 西小谷部出土の平安時代の土器

台地上北部での礫出土状況

写真4 台地上北部での礫出土状況

前ページへ戻るページトップへ戻る