歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

阿左美(あざみ)遺跡 平成31年2月調査
調査場所

みどり市笠懸町阿左美地内

調査期間

平成31年1月1日~平成31年3月31日

調査原因

平成30年度社会資本総合整備(活力・重点)道路改良事業に伴う埋蔵文化財の発掘

委託者

群馬県桐生土木事務所

主な時代

縄文遺跡

遺跡の内容


2月の調査は、1区西部・2区・3区の調査を行いました。
1区西側では、縄文土器を多量に含む包含層の調査を実施しました。調査は、グリットを設定し掘り下げました。遺構の調査は、縄文時代の竪穴建物が複数確認されています。3月に引き続き調査を行っていきます。
2区の調査は、東側の縄文土器を多数含む包含層の調査を実施しました。調査は、グリット毎に掘り下げ、グリッド単位に遺物の収納を行いました(写真3)。2区では、土坑とピットが多く発見されています。それらの中には、直径1~2m、深さ1~1.5mほどの大きな土坑が複数見つかり、さらに、底面に直径50㎝、深さ20㎝程度のピット状の窪みがある、二重構造状の土坑が5基発見されました(写真4)。
3区の調査は、南側と北側の2回に分けて調査を行いました。発見された遺構は、縄文時代の土坑とピットが主体ですが、近世以降の井戸と思われる、直径5mと2m程度の大型の土坑も2基調査しました(写真1)。また、縄文時代の埋甕も2基発見されました(写真2)。
2区と3区の調査は2月で終了しました。

連絡先/阿左美遺跡調査事務所 090-7818-5060

3区南側全景(西から)

写真1 3区南側全景(西から)

3区第1号埋甕

写真2 3区第1号埋甕

2区調査状況(北西から)

写真3 2区調査状況(北西から)

第101号土坑全景(二重構造の土坑)

写真4 第101号土坑全景(二重構造の土坑)

前ページへ戻るページトップへ戻る