歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

陣谷(じんや)遺跡 平成31年1月調査
調査場所

館林市楠町

調査期間

平成31年1月1日~平成31年3月31日

調査原因

平成30年度山王赤生田線バイパス社会資本総合整備事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県館林土木事務所

主な時代

縄文・古墳・古代

遺跡の内容


 陣谷遺跡は、東北自動車道館林インターの北方約2km、利根川と渡良瀬川に挟まれた邑楽・館林台地の北端部に位置します。昨年度の調査は、調査対象地の北側1区・2区を調査し、古墳時代から古代の遺構・遺物が検出されました。今年度の調査は、南側の3区を対象に1月から調査を開始しました。
 1月は、城沼方面から延びる3区低地部を調査し、地表下約2mの粘土層・砂層から古代の木製品と土器を検出しました。木製品には馬鍬や鋤、杵、柱、板など、土器には坏、高坏のほか須恵器の𤭯、瓦片などがありました。馬鍬は幅約1.5mの大型品で、台木には、長さ45㎝前後の木製の歯が13本装着され(1本は欠損)、馬鍬を操作する柄も装着されていました。また、台木の両端には馬鍬と家畜を連結するための引き棒が装着された穴も残っていました。年代は、1108年に降下した浅間Bテフラ(As-B)の下位から検出されたので1108年以前の古代であることは確実ですが、今後さらに詳しい年代を特定していく予定です。
 今回発見された古代の馬鍬は、大型で遺存状態も良く、馬鍬の構造や水田農耕の仕組みを解明するための、非常に貴重な手掛かりとなりました。
 2月は、3区低地部をさらに下層へと調査し、また3区南側の微高地も調査を開始する予定です。

連絡先/陣谷遺跡調査事務所 070-2655-7862

3区低地部調査風景(北から)

写真1 3区低地部調査風景(北から)

3区低地部遺物出土状況(手前に馬鍬)

写真2 3区低地部遺物出土状況(手前に馬鍬)

馬鍬出土状況 

写真3 馬鍬出土状況 

杵出土状況

写真4 杵出土状況

前ページへ戻るページトップへ戻る