歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下高田白山(しもたかだはくさん)遺跡 平成31年1月調査
調査場所

富岡市妙義町地内

調査期間

平成31年1月1日~平成31年3月31日

調査原因

平成30年度 社会資本総合整備(広域・新潟長野)事業(一)宇田磯部停車場線に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

富岡土木事務所

主な時代

古代・近世

遺跡の内容


 本遺跡は1月から調査を開始しました。遺跡は富岡市北端の高田川左岸にある横野台地の南斜面にあり、標高は197m付近で南に向かって傾斜しています。平成27年度に隣接地で行われた調査では、古代の竪穴建物跡と水田跡が発見されており、今回の調査でも古代集落が見つかっています。1月の調査では、江戸時代、天明元3(1873)年に、浅間山の噴火により降下した軽石(As-A軽石)により覆われた畑を復旧するため、降下した軽石を廃棄した土坑が発見されています。また、平安時代の竪穴建物跡12棟が確認されています。調査は3月まで実施します。

連絡先/公益財団法人 群馬県埋蔵文化財調査事業団 0279‐52‐2511(代)

As-A軽石を埋設した復旧坑の断面

写真1 As-A軽石を埋設した復旧坑の断面

古代の竪穴建物跡調査状況

写真2 古代の竪穴建物跡調査状況

前ページへ戻るページトップへ戻る