歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

阿左美(あざみ)遺跡 平成31年1月調査
調査場所

みどり市笠懸町阿左美地内

調査期間

平成31年1月1日~平成31年3月31日

調査原因

平成30年度社会資本総合整備(活力・重点 )道路改良事業に伴う埋蔵文化財の発掘

委託者

群馬県桐生土木事務所

主な時代

縄文遺跡

遺跡の内容


 阿左美遺跡は、みどり市笠懸町阿左美地内にあり、阿左美沼の南、茶臼山の北東の平地に位置しています(写真1)。道路を挟んだ東部桐生線阿左美駅構内には縄文時代の1号住居跡、2号住居跡が保存されています。
 今月から表土掘削作業を行い、調査を開始しました。東端に位置する1区では竪穴建物が2棟みつかりました。また、1区中央部には縄文土器を多数含む包含層があり、周囲に集落があったことが予想されます。1区は引き続き調査を行っていきます(写真2)。
 西端の4区は土坑と多数のピットがみつかりました。縄文時代のものもありますが、鍬や鋤を使って掘られたであろう中世から近世の遺構も見受けられました。4区の調査は1月で終わり、2区・3区の調査を行っていきます。

連絡先/阿左美遺跡調査事務所 090-7818-5060

調査区と周辺風景(西から)

写真1 調査区と周辺風景(西から)

1区調査風景(東から)

写真2 1区調査風景(東から)

前ページへ戻るページトップへ戻る