歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

T007(てぃーぜろぜろなな)遺跡 平成30年12月調査
調査場所

富岡市後賀地内

調査期間

平成30年9月1日~平成31年1月31日

調査原因

平成30年度社会資本総合整備(広域・長野)(一)下高尾小幡線庭谷工区に伴う埋蔵文化財の発掘

委託者

群馬県富岡土木事務所

主な時代

縄文・弥生・古墳時代

遺跡の内容


12月は主に1区と2区の古墳の調査を行いました。1区の2号墳は、墳丘のテラス部より上が攪乱されていましたが、攪乱土を除去したところ、石室北側の裏込礫の底面部分が一部残されていたことが確認できました(写真1)。2区は4号墳(方形周溝墓)と、4号墳を包み込むように重なって築造された5号墳の周溝調査と、7号墳の葺石の解体調査を主に行いました。4号墳と5号墳の重複は、4号墳が古く築かれています。また、5号墳の周溝には石が大量に落ち込んでいることから、5号墳は葺石を葺いた円墳であったと思われます(写真2)。7号墳の葺石はまず底部に基礎となる石を据え、次いで縦に通った目地の石列を設置し、最後に目地の間を石で埋めていく作業を行ったことがわかりました(写真3・4)。

連絡先/T007遺跡調査事務所 070-2655-7412

2号墳裏込礫調査風景(北西から)

写真1 2号墳裏込礫調査風景(北西から)

4号墳(内側)5号墳(外側)全景(北から)

写真2 4号墳(内側)5号墳(外側)全景(北から)

7号墳南側葺石全景 (南西から)

写真3 7号墳南側葺石全景 (南西から)

7号墳葺石基礎と目地の石列(南西から)

写真4 7号墳葺石基礎と目地の石列(南西から)

前ページへ戻るページトップへ戻る