歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

前橋市0107(まえばししぜろいちぜろなな)遺跡 平成30年12月調査
調査場所

前橋市池端町地内

調査期間

平成30年12月1日~平成30年12月31日

調査原因

平成30年度(一)南新井前橋線二期工区道路改築事業(地方道・連携)に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

前橋土木事務所

主な時代

古墳・古代・中世~近世

遺跡の内容


当遺跡の調査区は、東側と西側の2か所に分かれています。東側調査区では、近世のピット(写真1)や、平安時代と近世の井戸跡及び多数の土坑が発見されました。西側調査区では、南北方向に流れた流路跡が発見されました。流路跡の西壁沿いでは、古墳時代の土器と平安時代の土器(写真2)が集中して出土しました。出土した遺物から、調査区の西側周辺には、6世紀及び9世紀代の集落が存在していたことが推測されます。遺跡の調査は12月末で完了しました。

連絡先/公益財団法人 群馬県埋蔵文化財調査事業団 0279‐52‐2511(代)

東側調査区西半部分全景(西から)

写真1 東側調査区西半部分全景(西から)

流路跡内の平安時代の土器出土状況

写真2 流路跡内の平安時代の土器出土状況

前ページへ戻るページトップへ戻る