歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

根小屋城跡(ねごやじょうあと) 平成30年10月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町三島地内

調査期間

平成30年9月1日~平成30年11月30日

調査原因

平成30年度上信自動車道吾妻西バイパス建設事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県上信自動車道建設事務所

主な時代

中世

遺跡の内容


10月は、主に城の東部、「鉄塚(てつか)」と呼ばれる尾根上の平坦面を調査しました。ここでは、全体を南・西・北の3つの部分に分けて調査しています。南部では、建物跡が3棟と柱穴の列、溝等が確認できました。建物のうち2棟は、今後表土を掘削し調査を進める北部にも一部が含まれているため、これから詳しい調査を行います。1棟は、平坦面の東端に位置しています。ある時期に少し向きを変えて建て替えられているようです。柱の列は平坦面の南縁の一部に残っていました。南斜面中央にある腰曲輪と見られる平坦面の近くにあり、長方形に並ぶ柱穴もあります。この他、東端部には平坦面の縁に沿うように、短い溝状の遺構が残っていました。西部では、ピット群が確認できました。その中にも、1棟の建物と2本の柱の列が確認できました。今後は、平坦面北部や城山との間にある堀切のような凹地の調査を行います。また、斜面部に見られる腰曲輪や犬走のような平坦面等についても調査する予定です。

連絡先/根小屋城跡調査事務所 070-4458-0366

調査区と城山(奥)(東上空から)

写真1 調査区と城山(奥)(東上空から)

平坦面東端の建物調査状況

写真2 平坦面東端の建物調査状況

南縁の柱列(西から)

写真3 南縁の柱列(西から)

東端の溝状遺構の調査状況

写真4 東端の溝状遺構の調査状況

前ページへ戻るページトップへ戻る