歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下田(しもだ)遺跡 平成30年8月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林地内

調査期間

平成30年4月1日~平成30年8月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


N区西側の2面目調査では、古代の竪穴建物2棟、土坑47基、ピット146基が見つかりました。竪穴建物は、5×4mの規模で東にカマドをもつものと4×3mの規模で北にカマドをもつものでした。前者からは、墨書土器や鎌と思われる金属製品が出土しました。また、土坑は、径が70~80cm規模の平面円形を呈したものが目立ちました。
旧工事用道路下のP区では、調査区の多くが削平されていました。調査区北側は、窪地であり削平を免れていましたが、天明泥流により表面が削られて、降下した軽石はほとんど確認されませんでした。最も北側の部分では、天明泥流堆積後に掘られた復旧土坑群が確認されました。幅は70~80cm程度で東西に並行して掘られていました。掘り込み面からの深さはわかりませんが、確認面から50cm以上の掘り込みがあり、大きな礫が多数入っていました。今後は泥流による削平の及ばなかった部分で2面目の遺構確認調査を進め、本年度予定された範囲の調査はすべて終了となります。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040

N区 2面目 調査区全景(上が北)

写真1  N区 2面目 調査区全景(上が北)

N区 2面目 13号住居 全景 (南から)

写真2  N区 2面目 13号住居 全景 (南から)

P区 復旧土坑群 全景(西南から)

写真3 P区 復旧土坑群 全景(西南から)

下田遺跡遠景 (東から・P区)

写真4 下田遺跡遠景 (東から・P区)

前ページへ戻るページトップへ戻る