歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

西宮(にしみや)遺跡 平成30年7月調査
調査場所

吾妻郡長野原町川原畑地内

調査期間

平成30年4月1日~平成30年8月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


8・9区の調査を開始しました。8区では、天明泥流直下から畑とともに前回調査した大量の薪(たきぎ)が置かれた道の延長部分を確認しました(写真1)。この道は東西方向から南側に向きを変えています。南側の調査区で確認した南北方向の道とつながり、吾妻川まで延長されると考えられます。10区(旧国道145号下)では、第3面(平安時代以降)で、大~中型の獣を捕獲するために掘られたと考えられる陥穴(おとしあな)を狭い範囲に10基以上確認しまた(写真2)。陥穴の規模は、大きいもので長軸約2.6m、短軸約2.1m、深さ約1.7m、中に入ると外に出るのに一苦労するほどの深さです。陥穴には、ほぼ同規模で等間隔に並ぶように掘られたものもありました。一昨年には、吾妻川に近い南側の1・2区でも数多くの陥穴を確認していることから、周辺は良好な狩猟の場所であったと考えられます。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040

8区1面(江戸時代)道と薪(たきぎ)の調査風景(南西から)

写真1 8区1面(江戸時代)道と薪(たきぎ)の調査風景(南西から)

10区3面(平安時代以降)陥穴群の調査風景(南西から)

写真2 10区3面(平安時代以降)陥穴群の調査風景(南西から)

前ページへ戻るページトップへ戻る