歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

東宮(ひがしみや)遺跡 平成30年7月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字川原畑地内

調査期間

平成30年4月1日~平成30年8月31日

調査原因

八ツ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

近世・縄文時代

遺跡の内容


5区の調査は、5月より開始した列石の石を取り除きながら構築状況や、その下の遺構の確認調査を引き続き進めています。その結果、一部では埋甕や竪穴建物なども確認されています。また、国道寄りの調査では、深く掘り込んでいる土坑や竪穴建物も複数検出されています。壁際に敷石や小石が廻らしてあるものなども見つかっています。
さらに、これまで確認されている建物の下部にも、さらに古い建物や、土坑なども複数確認されています。遺構を埋めている土は山側から流れ出した砂礫層で、何層にも分けられることから、幾度となく集落を埋めたものと考えられます。その都度人々は、列石や竪穴建物の修復や再構築などを行い、生活を再建すべく努力をしてきたものと思われます。
今後の調査では、列石の作られる以前の様子を調べる調査を行っていきますが、遺構の重複も著しく、慎重な調査が要求されています。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040

5区 6号列石調査風景(東から)

写真1 5区 6号列石調査風景(東から)

5区 81号竪穴建物全景(南から)

写真2 5区 81号竪穴建物全景(南から)

前ページへ戻るページトップへ戻る