歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下田(しもだ)遺跡 平成30年7月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林地内

調査期間

平成30年4月1日~平成30年8月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


7月は、N区とO区の調査を進めました。
N区の中央付近の4号ヤックラ(集石)下からは常時湧水があり、その水を利用した1号溜井が見つかりました。一部は、天明泥流下の9号石垣の積まれた面を利用し、天明泥流被災後に造られたもので、深さ1.5m程まで掘り込まれ、周囲に石が積まれていました。覆土の上位には、昭和の遺物も含まれていました。また、4号ヤックラ脇の1号道と調査区の西側にある5号道は、林の下村のあった本遺跡と上位にある林の本村とを結ぶ生活道であったと考えられ、北の斜面へとつづくことが確認できます。O区では、トレンチ調査を行いましたが、遺構は確認できませんでした。
8月からは、N区西側の下位面の調査と、南東側の旧工事用道路下、P区の調査を行っていきます。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040

N区 1面目 調査区全景(上が北)

写真1  N区 1面目 調査区全景(上が北)

N区 1面目 4号ヤックラ・1号道 調査風景 (南から)

写真2  N区 1面目 4号ヤックラ・1号道 調査風景 (南から)

N区 1号溜井 調査風景(南から)

写真3 N区 1号溜井 調査風景(南から)

N区 2面目 遺構確認調査風景(南から)

写真4 N区 2面目 遺構確認調査風景(南から)

前ページへ戻るページトップへ戻る