歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

条里制水田想定地(じょうりせいすいでんそうていち) 平成30年6月調査
調査場所

太田市藤阿久町地内

調査期間

平成30年6月1日~平成30年6月30日

調査原因

県立太田高等特別支援学校普通科棟(重複障害)増築整備事業に伴う発掘調査

委託者

群馬県教育委員会管理課

主な時代

古代・中近世

遺跡の内容


当遺跡は北から南に蛇行しながら流れ下る蛇川右岸で、隣接する老人福祉センターや清掃センター、県立太田高等特別支援学校を含む広範囲な遺跡のごく一部分です。
現代の圃場整備時の削平により、遺構の残存状態は良くありませんでした。さらに、南側は近世の攪乱により確認面が壊されていました。
遺構は調査区内東側部分で、竪穴建物1棟、土坑13基、溝6条、井戸2基の遺構を検出することができました。遺物は、陶磁器類や土師器等の小破片の物が多く出土しました。
各遺構の時期は平安時代と考えられます。第3~5溝(東西方向の溝)(写真3)は中近世と思われます。
調査は6月末に終了しました。

連絡先/公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 0279- 52 -2511

写真1 調査区全景(南から)

写真1 調査区全景(南から)

写真2 1号竪穴建物全景 (南から)

写真2 1号竪穴建物全景 (南から)

写真3 3・4・5号溝全景 (東から)

写真3 3・4・5号溝全景 (東から)

写真4 溝の調査風景 (東から)

写真4 溝の調査風景 (東から)

前ページへ戻るページトップへ戻る