歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

東宮(ひがしみや)遺跡 平成30年4月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字川原畑地内

調査期間

平成30年4月1日~平成30年9月30日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


昨年度から継続して列石、および配石、竪穴建物、土坑の調査を行っています。また、電柱のあった場所の周辺調査を行ったところ、天明の畑と石を並べた暗渠が見つかりました。さらに下の調査では、5号列石の張り出しから南に延びる列石が確認されました。新たに見つかった列石部分はほぼ真っすぐに造られていました。
今後、列石の調査は、最も上段に位置する部分の石を徐々に取り外して、構造や列石下の遺構の調査を行う予定です。一部取り外した石の下からは、新たに列石を造る前の竪穴建物や土坑が見つかっています。
この竪穴建物は、縄文時代中期後半が中心で、多くの重複も見られることから、列石の造られる一時代前から、この地域に多くの人が暮らしていた状況が明らかになってきています。

連絡先/東宮遺跡調査事務所 070-2655-7412

写真1 5号列石南端部検出状況(東から)

写真1 5号列石南端部検出状況(東から)

写真2 土坑遺物取上げ作業状況(西から)

写真2 土坑遺物取上げ作業状況(西から)

<

前ページへ戻るページトップへ戻る