歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下田(しもだ)遺跡 平成30年4月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林地内

調査期間

平成30年4月1日~平成30年7月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


本遺跡は、吾妻川左岸の段丘面上に位置しています。南縁は吾妻川により削られ、河床から30mほどの断崖を形成しています。表土下には、天明泥流が厚く堆積し、調査区では1.5m~2mほどの厚さでした。
M区(写真1)では、天明泥流下から泥流の被害を受けたと思われる畑と道が確認されました。調査区は泥流によって表土が30cmほど削平されてしまったことを確認することができました。
また、N区では天明泥流下から建物や畑、道、石垣などが確認されています。建物周辺は堆肥置き場なども見つかっており、当時の生活の様子をとらえる手がかりとして期待できます。

連絡先/下田遺跡調査事務所 090-5411-8578

写真1 M区調査風景(北から)

写真1 M区調査風景(北から)

写真2 N区調査風景(南から)

写真2 N区調査風景(南から)

前ページへ戻るページトップへ戻る