歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

西宮(にしみや)遺跡 平成30年1月調査
調査場所

吾妻郡長野原町川原畑地内

調査期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日

調査原因

八ツ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・中世・近世

遺跡の内容


今月は、8区第1面(江戸時代)で天明泥流直下の屋敷や畑、天明泥流堆積以降に掘削した復旧坑群などを調査しました。これまでに、道や石垣によって区画された母屋建物2棟、桶2基を埋設した付属施設1棟、掘立柱建物1棟がみつかりました。8区の建物には、6・7区から出土したような柱や床板などの建築材は残っていませんでした。母屋建物となる16号建物は掘立柱建物となり、建物内部から馬屋、囲炉裏、カマドなどを確認することができました(写真1)。8区東側の第3面では、竪穴状遺構、土坑、ピットなどを調査しています(写真2)。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040

写真1 8区第1面の建物調査風景(北東から)

写真1 8区第1面の建物調査風景(北東から)

写真2 8区第3面の調査風景(東から)

写真2 8区第3面の調査風景(東から)

前ページへ戻るページトップへ戻る