歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

高崎競馬場(たかさきけいばじょう)遺跡 平成29(2017)年10.11月調査
調査場所

高崎市岩押町地内

調査期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日

調査原因

平成29年度コンベション施設整備事業等に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県企画部コンベンション推進課・群馬県高崎土木事務所

主な時代

弥生・平安・中近世

遺跡の内容

10・11月まで調査を行った、1区北西部・6区・7区・2区北東部及び2区南東での調査を行った。
1区北西部では、As-A下における畠及び水田跡、復旧坑の存在とAs-B下における水田面および畦道と水路、水口などの付随施設の確認ができた。
6区・7区ではAs-A下での水田の検出と弥生時代の環濠集落の環濠の一部、2区南東では中世環濠館の調査を行った。
2区北東部・6区・7区では環濠の東部分が検出された。また、弥生時代の住居の一部と井戸など検出された。
1区北西部・6区・7区は調査を終了し埋め戻し作業を行った。
中近世~弥生時代の遺構を確認することができた。
同じくコンベンション施設整備事業等関連の上中居荒神遺跡5の調査を行い、As-B下の水田跡を確認することができ、11月半ば過ぎに現地での調査を終了した。

連絡先/(公財)群馬県埋蔵文化財調査事業団 高崎競馬場遺跡 090-2654-4624


写真1 高崎競馬場 2区北 中世環濠(手前鈎型)と弥生環濠(画面奥と右)

写真1 高崎競馬場 2区北 中世環濠(手前鈎型)と弥生環濠(画面奥と右)

写真2 高崎競馬場 7区 弥生環濠

写真2 高崎競馬場 7区 弥生環濠


写真3 上中居荒神5 1区As-B下遺構確認(水田畦あと)

写真3 上中居荒神5 1区As-B下遺構確認(水田畦あと)

写真4 上中居荒神5 3区As-B下遺構確認(水田畦あと)

写真4 上中居荒神5 3区As-B下遺構確認(水田畦あと)

前ページへ戻るページトップへ戻る