歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

中棚Ⅰ(なかだないち)遺跡 平成29年10月調査
調査場所

吾妻郡長野原町林地内

調査期間

平成29年7月1日~平成29年11月30日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

平安・中世

遺跡の内容


本遺跡は、吾妻川左岸の上位段丘面にあります。調査区は中棚地区の集落の南側と東側に位置し、南側に中位段丘面との段丘崖があり、標高は600mほどです。
10月の調査では3区の2面目の調査に着手し、さらに調査範囲を4区まで広げて調査を行ってきました。3区では、2面目の調査で土坑が4基検出されました(写真1)。また、東に続く斜面地の4区では、平安時代の住居に伴うカマド1か所と陥穴2基を検出しました(写真2)。現在は、調査区東の山林が広がる5区の調査を行っています。こちらは「中棚の砦」と呼ばれた場所の一部で、標高630m付近の頂きは平坦になっており、東側の深い谷に沿って道があり、南西の尾根沿いにも道といくつかの平坦面があります。ここでは道と平坦部を中心に調査を進めています。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040

写真1 3区2面目調査区全景 (南東から)

写真1 3区2面目調査区全景 (南東から)

写真2 4区 調査風景(西から)

写真2 4区 調査風景(西から)


前ページへ戻るページトップへ戻る