歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

中棚Ⅰ(なかだないち)遺跡 平成29年9月調査
調査場所

吾妻郡長野原町林地内

調査期間

平成29年7月1日~平成29年10月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・平安・中世・近世

遺跡の内容

本遺跡は、吾妻川左岸の上位段丘面に位置しています。調査区は中棚地区集落の南側から東側にかけて位置し、南側に中位段丘面との段丘崖があり、標高は600mほどです。
9月の調査では、3区1面目の調査で平安時代の住居4軒と中世から近世の掘立柱建物3棟が検出されました(写真1)。その他にもピットが約200基、土坑が40基ほど検出されており、その中には獣をとらえるための陥穴(おとしあな)や、中世の古銭が見つかった土坑墓なども見つかりました(写真2)。今後の調査では、さらに下位の遺構面を調査していく予定です。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040  


写真1 3区1面目の掘立柱建物(北より)

写真1 3区1面目の掘立柱建物(北より)

写真2 3区1面目全景(上が北)

写真2 3区1面目全景(上が北)


前ページへ戻るページトップへ戻る