歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下原(しもはら)遺跡 平成29年9月調査
調査場所

吾妻郡長野原町林地内

調査期間

平成29年7月1日~平成29年10月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文、弥生、中世、近世

遺跡の内容

9月は、A区第2面及びB区第2面の調査を行いました。
A区からは、縄文時代の住居や埋甕(うめがめ)、土坑・ピットなどが確認されました。みつかった住居は、床面に平らな石を円形に敷き詰めた敷石住居(写真1)で、炉内から縄文時代後期の土器が出土しています。また、敷石住居の南西には遺物包含層があり、縄文中期~縄文後期の土器片が数多く出土しました。
B区では平安時代から中世の土坑や焼土・柱穴が確認されました。そのうちの土坑から、きれいな石を磨いた「丸鞆」(写真2)が1点出土しました。丸鞆(まるとも)とは、奈良時代から平安時代の役人などが位(くらい)に応じて身につけたベルトの装飾品のことで、この土坑は役人をやったことのある人物の墓なのかもしれません。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279-76-8040  


写真1 A区 敷石住居調査風景(北から)

写真1 A区 敷石住居調査風景(北から)

写真2 B区 土坑から出土した丸鞆

写真2 B区 土坑から出土した丸鞆


前ページへ戻るページトップへ戻る