歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

中棚Ⅱ(なかだなに)遺跡 平成29年7月調査
調査場所

吾妻郡長野原町林地内

調査期間

平成29年4月1日~平成29年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・弥生・平安・近世

遺跡の内容

 中棚Ⅱ遺跡は吾妻川左岸の段丘面上にあり、国道を南北に挟んで所在しています。
 7月は10区2面目の調査を実施し、東部で平安時代の住居と陥穴群、中央部で中世の掘立柱建物群と柵列が検出されました。掘立柱建物は棟方向がほぼ揃った状態で5棟が確認され、方向が異なる柵列1条が建物と一分重なった状態で検出されました。これらの周囲にはまだ柱穴が数多くあり、周辺部の調査が進めばさらに多くの建物や柵列が検出されそうです。
 本遺跡北側の一段高い平坦部分には中世の城館跡があったと想定されており、遺跡の広がりと両者の関係解明が期待されます。

連絡先/八ッ場ダム調査事務所 0279‐76‐8040  


写真1 中央部で確認された中世遺構群(上が北)

写真1 中央部で確認された中世遺構群(上が北)

写真2 東部で検出された平安時代の住居(南から)態

写真2 東部で検出された平安時代の住居(南から)


前ページへ戻るページトップへ戻る