歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下原(しもはら)遺跡 平成29年6月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林字下原

調査期間

平成29年4月1日~平成29年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文、弥生、中世、近世

遺跡の内容


本遺跡は吾妻川左岸の下位段丘上にあり、北高南低の傾斜地で標高は約535~545mです。本年度の調査対象地は、過年度調査済地区を挟んで東西に分かれているため、西側をA区、東側をB区と設定して調査を始めました。
6月は、A区第1面の調査を行い、天明泥流下から畑・石垣・溝・復旧溝・暗渠が検出されました。畑の大部分には復旧溝があり、礫が集中する溝(写真1)を境として東側は南北方向に、西側は東西方向に作られていました。石垣は、傾斜地を区切るように東西方向にのびており、石垣の上下に道が作られていました。(写真2)

連絡先/下原遺跡調査事務所 090-2652-8848

写真1 A区 3号復旧溝(北から)

写真1 A区 3号復旧溝(北から)

写真2 A区 1号石垣と道(南から)

写真2 A区 1号石垣と道(南から)


前ページへ戻るページトップへ戻る