歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

前橋市0946(まえばししぜろきゅうよんろく)遺跡 平成29年5月調査
調査場所

前橋市朝倉町地内

調査期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日

調査原因

平成29年度(主)前橋玉村線バイパス単独7軸道路整備推進事業に伴う埋蔵文化財の発掘

委託者

群馬県前橋土木事務所

主な時代

古墳~平安時代

遺跡の内容


 5月の調査は4月までの調査を継続したものになりました。本遺跡は前橋市南東部の前橋台地の後背湿地に位置することから、湧水を心配していていましたが、少量にとどまっています。
 5月の調査では浅間山の噴火で降下した軽石(As-B)で覆われた平安時代の水田が見つかっています。その下位では、6世紀の榛名山の噴火で降下した火山灰(Hr-FA)を含んだ地層や4世紀の浅間山の噴火で降下した軽石(As-C)などが限られた地点で確認されています(写真1)。それぞれの地層の下からは、多くの溝が検出されました。
 また、青磁の破片(写真2)が出土しました。中国浙江省の龍泉窯系の陶磁器で、12世紀後半から13世紀前半の青磁碗の口縁部の破片であると判断されます。

連絡先/前橋市0946遺跡調査事務所  090-3244-0006

写真1 調査風景(C6区 東から)

写真1 調査風景(C6区 東から)

写真2 青磁の破片

写真2 青磁の破片


前ページへ戻るページトップへ戻る