歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下芝内出畑(しもしばうちでばた)遺跡・和田山天神前2(わだやまてんじんまえに)遺跡 平成29年5月調査
調査場所

高崎市箕郷町下芝地内・和田山地内

調査期間

平成29年4月1日~平成29年5月31日

調査原因

平成28年度(主)前橋安中富岡線西毛広域幹線道路整備(高崎西工区)社会資本総合整備 (活力・重点)に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県高崎土木事務所

主な時代

平安時代、中世

遺跡の内容


 先月に引き続き、下芝内出畑遺跡の3区と4-1区の調査を実施しました。3区では浅間B軽石の混ざる堆積土の下から、水田の畦が検出されました。加えて、二ツ岳軽石の泥流堆積物直上を遺構確認面として、竪穴住居の掘方(ほりかた)も1軒検出されました(写真1)。
 3区の大部分は後世の攪乱を受けており、遺構確認面より上層は攪乱となっていましたが、標高が他所よりやや低い部分から、これらの遺構が検出されました。
 最後に調査区全体の写真を空中から撮影して(写真2)、今月にて本遺跡の発掘調査は無事に完了しました。

連絡先/下芝内出畑遺跡・和田山天神前2遺跡調査事務所  090-7818-5060

写真1 3区 1号住居 全景

写真1 3区 1号住居 全景

写真2 調査区 遠景

写真2 調査区 遠景


前ページへ戻るページトップへ戻る