歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

万木沢B(まんぎさわびー)遺跡 平成29年5月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町大字三島地内

調査期間

平成29年4月1日~平成29年11月30日

調査原因

平成29年度上信自動車道吾妻西バイパス建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県上信自動車道建設事務所

主な時代

縄文・弥生・古代

遺跡の内容

 5月は、主に1区と2区で浅間粕川テフラ(As-Kk、12世紀前半降下)に覆われた平安時代の畠跡を調査しました。耕作の様子とより古い畠跡の有無を確認するトレンチ調査を行った結果(写真1)、上から順にAs-Kk、浅間Bテフラ(As-B、1108年降下)、黒色土、暗褐色土が堆積していること、耕作の深さはAs-Kk下面から5㎝程度でAs-B下層の黒色土上部まで耕作していることがわかりました(写真2)。一方、より古い畠跡は確認できませんでした。また、作物を特定できる証拠も検出できませんでした。
 畠跡の調査終了度、その下に埋もれている古代から縄文時代の調査も開始しました(写真3・4)。万木沢に近い1区東側では遺物が密集し、遺物包含層を発掘していくと縄文時代の土器と石器(特に黒曜石)が多数出土しはじめました。今後、住居跡や土坑等の遺構調査を本格的に行う予定です。

連絡先/万木沢B遺跡調査事務所 電話番号070-2655-7862 


写真1 トレンチ調査状況

写真1 トレンチ調査状況

写真2 畑検出状況

写真2 畑検出状況


写真3 古代の遺構確認調査状況

写真3 古代の遺構確認調査状況

写真4 遺物包含層の調査

写真4 遺物包含層の調査


前ページへ戻るページトップへ戻る