歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

小合地西(こごうちにし)遺跡遺跡 平成29年1月調査
調査場所

邑楽郡板倉町下五箇地内

調査期間

平成29年1月4日~平成29年3月31日

調査原因

平成28年度(国)354号板倉北川辺バイパス道路整備事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県館林土木事務所

主な時代

奈良・平安・中近世

遺跡の内容


小合地西遺跡は、北東約1.5㎞に東武日光線の柳生駅、約2.5㎞東に渡良瀬遊水池があります。遺跡の標高14~15m前後で、500mほど東方には五箇川入堤外遺跡があります。調査区は道路を境に東から館林方向に向かい1区・2区・3区とし、表土掘削に続き遺構確認を行いました。その結果、耕作土下の1面目では圃場整備よりも古い段階の畝間が並んで検出され、その畝間のひとつから足尾銅山で作られた寛永通宝が1点出土しました。約1m下げた2面目の洪水の砂層下では、わずかに起伏のある比較的平坦な面が検出されましたが、今のところ水田の畦のような高まりは確認されていません。遺構確認の際に、中近世の陶磁器、摩滅した縄文土器、平安時代の土器の破片などをわずかに検出しました。

連絡先/五箇川入堤外遺跡・小合地西遺跡調査事務所 090-3244-0006


写真1 重機による表土掘削

写真1 重機による表土掘削

写真2 3区洪水砂層下全景

写真2 3区洪水砂層下全景


前ページへ戻るページトップへ戻る