歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

東宮(ひがしみや)遺跡 平成28年9月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字川原畑地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

近世

遺跡の内容


9月は、5区の縄文時代の遺構と包含層調査とその東側の調査を中心に進めるとともに、5区の道路を隔てたさらに東の部分を6区として新たに調査を開始しました。
縄文時代の調査では、先月から縄文時代後期の敷石住居の調査を継続しました。この敷石住居よりもさらに1mほど下の面で埋甕と石囲い炉のある竪穴住居を1棟検出しました。この住居からは縄文時代中期の土器片が大量に出土したことから、中期の住居と考えられます。このほか川原石を使った列石や獣骨と見られる骨片が散布している場所も検出されています。
敷石住居の検出された東側の2面目の調査では、掘立柱建物1棟と約4m×0.5mの土坑6基、井戸1基、ピット80基を検出しました。新たに調査を開始した6区では、天明泥流下の畑を検出し、地境と思われる石積みや復旧溝の掘られた畑も確認されています。

連絡先/東宮遺跡調査事務所 090-2737-2082


写真1 1号敷石住居の調査風景(東から)

写真1 1号敷石住居の調査風景(東から)

写真2 2号住居から出土した土器片(東から)

写真2 2号住居から出土した土器片(東から)


写真3 2号掘立柱建物と土坑群(南から)

写真3 2号掘立柱建物と土坑群(南から)

写真4 6区石積み検出作業(北から)

写真4 6区石積み検出作業(北から)


前ページへ戻るページトップへ戻る