歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

石川原(いしかわら)遺跡 平成28年9月調査
調査場所

吾妻郡長野原町川原湯地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・平安・中世・近世

遺跡の内容


9月は天明三年(1783)の浅間山噴火に伴う泥流層(天明泥流)で埋没した屋敷や畑のほかに、中世の家屋や畑、平安時代の竪穴住居や墓、縄文時代の遺構の調査を継続しました。
遺跡は広大な平坦地にありますが、その中央部西側に幅30mほどの浅い谷があり、ここで中世の水田と縄文時代後期の遺構がみつかりました。この地域で水田の発見は稀なことで、必要な用水が得られる谷にだけ作られたのでしょう。水田は数回の山崩れに伴う砂で埋まっており、これから2面目の水田調査を実施する予定です。縄文時代の遺構調査は谷頭付近から始めており、直径12m前後の範囲に多量の礫と土器が集積されていました。土器は後期後半期(今から約3,500年前)のもので、住居であるのか配石遺構なのかを現在調査中です。


連絡先/石川原遺跡調査事務所 090‐2654‐4624


写真1 水田調査の様子(黄色い部分が山崩れの砂)

写真1 水田調査の様子(黄色い部分が山崩れの砂)

写真2 縄文時代後期の土器と礫が集積された様子 (南東から)

写真2 縄文時代後期の土器と礫が集積された様子 (南東から)


写真3 大きな礫や土器の出土状況 (北から)

写真3 大きな礫や土器の出土状況 (北から)

前ページへ戻るページトップへ戻る