歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

唐堀C(からほりしー)遺跡 平成28年8月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町大字三島地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

平成27年度上信自動車道吾妻西バイパス建設事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県中之条土木事務所

主な時代

縄文・平安・中世・近世

遺跡の内容


8月は、3区の第2面(縄文時代)の土坑と竪穴住居(9号住居)を調査しました。また、1区の調査も本格的に開始しました。
3区は、9号住居から縄文時代前期の土器が多数出土した他、長さ約30㎝の大型の磨製石斧が2本出土しました(写真1)。2本は大きさ・形・材質・磨き方がそっくりで、同じ場所から刃先を同じ方向にして上下に重なって出土しました(写真2)。このような大型の磨製石斧はとても珍しいものです。第2面調査終了後、旧石器時代の確認調査を行いましたが、遺物は検出されませんでした(写真3)。
1区は、3区よりも1段低い場所であるため、地層などの様子が異なります。中近世の溝や土坑が検出され、現在調査を進めています(写真4)。

連絡先/唐堀C遺跡調査事務 090-2654-3313


写真1 9号住居(縄文時代前期)

写真1 9号住居(縄文時代前期)

写真2 磨製石斧の出土状況(9号住居)

写真2 磨製石斧の出土状況(9号住居)


写真3 旧石器時代遺跡の確認調査

写真3 旧石器時代遺跡の確認調査

写真4 1区の調査

写真4 1区の調査


前ページへ戻るページトップへ戻る