歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

唐堀C(からほりしー)遺跡 平成28年7月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町大字三島地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

平成27年度上信自動車道吾妻西バイパス建設事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県中之条土木事務所

主な時代

縄文・平安・中世・近世

遺跡の内容


7月は、3区の第2面(縄文時代)を調査し、並行して1区も調査しました。3区では、配石の調査が終了し、縄文包含層の下面から検出された土坑約60基と竪穴住居を調査しました(写真1)。
配石については、形成過程や性格を詳しく知るために断ち割り調査を行いました(写真2)。その結果、どの配石も下面に墓穴を示す掘り込みは確認できませんでした。また、炭化物や焼土、木の実の痕跡等も検出できませんでした。配石は墓石の可能性は低く、当時の地表面に置いて使用した作業台の痕跡と考えられます。どんな作業に利用されたかは今後詳しく分析する予定ですが、3区は縄文人が何らかの作業を集中的に行った場所だったといえます。
土坑については、配石と同じ偏平な礫を並べた土坑(写真3)や礫と土器の底部を廃棄した土坑が検出されました(写真4)。ただし、ほとんどの土坑では遺物の出土はありませんでした。配石や土坑の時期はいずれも縄文時代前期(約6000年前)と考えられます。

連絡先/唐堀C遺跡調査事務 090-2654-3313


写真1 3区・第2面(縄文時代)の調査

写真1 3区・第2面(縄文時代)の調査

写真2 3区・配石の断ち割り調査

写真2 3区・配石の断ち割り調査


写真3 3区・偏平礫を並べた土坑

写真3 3区・偏平礫を並べた土坑

写真4 3区・礫と土器の底部を配置した土坑

写真4 3区・礫と土器の底部を配置した土坑


前ページへ戻るページトップへ戻る