歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

中棚Ⅱ(なかだなに)遺跡 平成28年9月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・弥生・平安・近世

遺跡の内容


9月の調査は、国道南調査地の東側(以下6区③)の調査を中心におこないました。
6区③では、天明泥流下から畑と復旧溝群が検出されました。畑は、東西方向にサクが切られ、傾斜と垂直になるように作られていました。また、復旧溝群と畑が交互に並んでおり(写真1)、当時の土地利用の工夫が分かりました。2面の調査では、土坑が2基、柱穴が18基検出されました。また、縄文時代後期の水場遺構(写真2)も検出されました。幅は5m程度で南北に伸びており、直径30cm程度の平坦面をもつ礫が遺構に沿って直線状に並んでいました。付近からは、堀之内1式の土器片が大量に出土し(写真3)、その他にも石棒や黒曜石の石鏃(写真4)などが出土しました。

連絡先/中棚Ⅱ遺跡調査事務所 090-2652-8848


写真1 畑と復旧溝群(東から)

写真1 畑と復旧溝群(東から)

写真2 水場遺構の調査風景(北西から)

写真2 水場遺構の調査風景(北西から)


写真3 包含層の調査風景(南から)

写真3 包含層の調査風景(南から)

写真4 黒曜石の鏃(東から)

写真4 黒曜石の鏃(東から)


前ページへ戻るページトップへ戻る