歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

四戸(しど)遺跡 平成28年8月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町三島地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

平成27年度 上信自動車道吾妻西バイパス建設事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県中之条土木事務所

主な時代

縄文・弥生・古墳・平安・中近世

遺跡の内容


四戸遺跡は、東吾妻町三島地内にあり、吾妻川右岸の段丘上、標高約410mのところに立地しています。
2区2面では、東半分の調査が完了しました(写真1)。西半分の調査区でも古墳時代から古代の竪穴住居が検出されているため、これらの調査を継続して行っています。また、東半分の地区では、遺構の調査漏れがないように掘削機械でローム層直上まで掘削し、遺構の有無の確認をしています(写真2)。

連絡先/四戸遺跡調査事務所 090-7818-5060


写真1 2区2面の空撮写真

写真1 2区2面の空撮写真

写真2 重機掘削による遺構確認

写真2 重機掘削による遺構確認


前ページへ戻るページトップへ戻る