歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

石川原(いしかわら)遺跡 平成28年7月調査
調査場所

吾妻郡長野原町川原湯地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・古代・近世

遺跡の内容


7月は、天明三年(1783)の浅間山噴火に伴う泥流層(天明泥流)によって埋もれた道や畑、屋敷の調査と共に、さらに下層にある江戸時代より古い時代の調査を行いました。
天明三年の浅間山噴火によって埋もれた畑の面の下からは、平安時代の人々が暮らしていた竪穴住居が3棟発見されました。竪穴住居の中からは、赤褐色に焼けた土師器(はじき)と呼ばれる素焼きの土器のほか、須恵器(すえき)と呼ばれる窯で焼いた灰色の土器や灰釉陶器(かいゆうとうき)と呼ばれる釉薬のかかった土器が発見されています。また住居の近くからは、鍛冶を行った跡が見つかっているので、村の鍛冶屋のような人が住んでいたことがわかります。
今のところ、平安時代の人々がこの地で何を行っていたのかを証明する遺構は発見されていませんが、今後の調査の中で解き明かしていきたいと考えております。

連絡先/石川原遺跡調査事務所 090‐2815‐3900


写真1 調査中の竪穴住居(西から)

写真1 調査中の竪穴住居(西から)

写真2 東の壁にあるカマド (西から)

写真2 東の壁にあるカマド (西から)


写真3 竪穴住居・鍛冶の調査 (南から)

写真3 竪穴住居・鍛冶の調査 (南から)

前ページへ戻るページトップへ戻る