歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

中棚Ⅱ(なかだなに)遺跡 平成28年6月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・弥生・平安・近世

遺跡の内容


6月の調査は、先月からの国道南側調査地(6区)の第2面調査に加え、国道北側調査地(7区)の第1面調査を行いました。
6区では、縄文時代の袋状土坑や近世の「いも穴」と考えられる長方形の土坑が検出されました。袋状土坑からは、縄文時代中期の五領ヶ台式(ごりょうがだいしき)の深鉢が出土しました。7区では、カマドを伴う竪穴住居が3棟、ピットが58基、陥穴(おとしあな)と考えられる土坑が2基検出されました。竪穴住居の時期は、出土した土器から平安時代と考えられます。また、住居近くの土坑からは、縄文時代中期の阿玉台式(あたまだいしき)の深鉢が一個体出土しており、6・7区ともに縄文時代中期から人々の生活があったことが明らかになってきました。


連絡先/中棚Ⅱ遺跡調査事務所 090-2652-8848


写真1 阿玉台式土器が出土した土坑の調査風景(南から)

写真1 阿玉台式土器が出土した土坑の調査風景(南から)

写真2 カマドを伴う平安時代の竪穴住居調査風景(南東から)

写真2 カマドを伴う平安時代の竪穴住居調査風景(南東から)


前ページへ戻るページトップへ戻る