歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下湯原(しもゆばら)遺跡 平成28年6月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字川原湯地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年6月30日

調査原因

八ツ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

近世・中世・平安時代

遺跡の内容


調査区は、昨年度調査を行った旧川原湯温泉に向かう道路、および北側の部分で西側は沢に面しています。調査区全面で北傾斜地に作られた畑が検出されました。調査区内では棚状に作られていた4段の土手が確認されました。もっとも南側の土手下には、東西に並んだ墓が13基確認されました。先月に調査を行った北側2段目の土手下にも、2基の墓が見つかっています。いずれも天明泥流埋没以後に作られたものです。
畑の調査終了後に調査を行った2面目の調査では、中世から平安時代の土坑、墓坑の他に平安時代の竪穴住居1棟が見つかりました。竪穴住居は調査区の北側、旧国道寄りの比較的平坦な場所にあります。
大きさは縦横5m以上、掘り込みの深さは約30㎝で、ほぼ正方形をしています。北側の壁にはカマドが作られていました。カマドは両脇に石で組んだ袖が見つかり、焚き口の上に載せられていた平たい石も手前に置かれた状態で見つかっています。また、中央には土器を支える支脚も残されていました。
出土遺物はあまり多くはありませんでしたが、須恵器や灰釉陶器片などがみられます。

連絡先/下湯原遺跡調査事務所 070-2655-7412


写真1 墓坑群調査風景(東から)

写真1 墓坑群調査風景(東から)

写真2 1号住居調査風景(西から)

写真2 1号住居調査風景(西から)



前ページへ戻るページトップへ戻る