歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下田(しもだ)遺跡 平成28年6月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ツ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


5月に調査したD区では、泥流直下に軽石が1cmほど堆積していましたが、遺跡の南東側の調査区では、軽石は天明泥流によって削り取られた部分が多く、残りが良いとは言えません。写真2のように、軽石の堆積が所々に確認でき、畑が4筆あったことを確認するにとどまりました。さらに写真3のような溝があわせて3条確認できました。写真2や3のように、泥流の襲来に対して畑にあった大きな石や地形の状況などの微妙な要因で、軽石が残存したと考えられます。そのことから、このあたりでは泥流が西から押し寄せたと考えられます。
今後もていねいな観察をしていくことで多くの情報が得られることになると思われます。調査は、第2面の遺構確認作業に入っています。

連絡先/下田遺跡調査事務所 090-5411-8578


写真1 E区全景(E区 垂直から)

写真1 E区全景(E区 垂直から)

写真2 天明泥流下の畑(D区 東から)

写真2 天明泥流下の畑(D区 東から)


写真3 天明泥流下の溝(D区 北から)

写真3 天明泥流下の溝(D区 北から)

前ページへ戻るページトップへ戻る