歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

唐堀C(からほりしー)遺跡 平成28年5月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町大字三島地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

平成27年度上信自動車道吾妻西バイパス建設事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

中之条土木事務所

主な時代

縄文・平安~近世

遺跡の内容


 唐堀C遺跡は、東吾妻町三島地内の吾妻川右岸の段丘面にあります。4月末より3区と呼称した対象地中央付近より調査に着手しました。平安時代末の浅間山噴火噴出物層(As-Kk)を第1面とし、江戸時代・平安時代の掘立柱建物各1棟や平安時代の竪穴住居7棟などを調査中です。江戸時代の掘立柱建物(写真2)の柱穴底面からは、地鎮に用いられたと思われる寛永通宝が2枚出土しています。今後、縄文時代の調査面にあたる第2面を調査予定です。

唐堀C遺跡調査事務所 090-2654-3313


写真1 2号掘立柱建物:江戸時代(南から)

写真1 2号掘立柱建物:江戸時代(南から)

写真2 2号住居:平安時代(西から)

写真2 2号住居:平安時代(西から)


前ページへ戻るページトップへ戻る