歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

四戸(しど)遺跡 平成28年5月調査
調査場所

吾妻郡東吾妻町三島地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

平成27年度上信自動車道吾妻西バイパス建設事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査

委託者

群馬県中之条土木事務所

主な時代

縄文・弥生・古墳・平安・中近世

遺跡の内容


四戸遺跡は東吾妻町三島地内にあり、吾妻川右岸の段丘上、標高約410mのところに立地しています。2区2面では、集落遺跡の調査を本格的に開始しました。古墳時代から平安時代までの竪穴住居が新たに30棟検出されました。竪穴住居は密集・重複しているため、新旧関係を把握しながら順次調査をしています(写真1)。
今月から調査を開始した1-C区では、平安時代の畑と河川流路が検出されました(写真2)。河川の脇には自然堤防状の高まりが見受けられますが、畝間は堤防の上にまで及んでいます。また、畝を切るかたちで検出された溝が途中で河川に進入することから、畑の水を抜く排水路が作られていた可能性があります。


四戸遺跡調査事務所 電話番号090-7818-5060


写真1 密集・重複する竪穴住居

写真1 密集・重複する竪穴住居

写真2 1-C区1面の畑

写真2 1-C区1面の畑


前ページへ戻るページトップへ戻る