歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下湯原(しもゆばら)遺跡 平成28年5月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字川原湯地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年6月30日

調査原因

八ツ場ダム建設工事に伴う発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

近世・中世・平安時代

遺跡の内容


 調査区は、昨年度調査を行った旧川原湯温泉に向かう道路と北側の部分で、西側は沢に面しています。北に傾斜する調査区全面で、畑が検出されました。調査区内では棚状に4段の土手が確認され、畑が作られていました。道路側の1段目と2段目には建物が見つかりました。
畑の耕作土下の調査では、中世の火葬墓と思われる土坑が4基確認されました、長さ約1.2m、幅80cm程で、一部長辺部分が張り出した形をしています。これらの土坑底部には20cm前後の石が数個置かれた状態で見つかっています。内部からは灰や炭化物が見つかっていますが、壁面には火を受けた様子は見られません。
また、平安時代の住居も1棟見つかりました。一辺約5.5mのほぼ正方形をしています、北側にカマドが作られていました。カマドは両側面に平たい石を立て並べて作られていました、焚き口の天井部分に渡されていたと思われる長さ40cm程の扁平な石が、手前に置かれた状態で出土しました。カマド内部には支脚の石も残されていました。
遺物は、土師器の甕や須恵器の椀、灰釉陶器などが出土していますが、あまり多くはありませんでした。


連絡先/下湯原遺跡調査事務所  電話 070-2655-7412


写真1 南側畑全景(東上空から)

写真1 南側畑全景(東上空から)

写真2 1号住居(東から)

写真2 1号住居(東から)



前ページへ戻るページトップへ戻る