歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

石川原(いしかわら)遺跡 平成28年5月調査
調査場所

吾妻郡長野原町川原湯地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


石川原遺跡は、平成18、26、27年に引き続き今年の4月より調査を開始しました。調査地の標高は539~533mで、地形は吾妻川に向かって緩やかに傾いています。
現在天明三年(1783)の浅間山噴火に伴う約2~3mの泥流層(天明泥流)によって埋もれた屋敷や畑の調査を行っています。
屋敷は広い敷地に母屋や倉などの複数の建物が建てられており、竈(かまど)や厠(かわや)などの施設も残っています。畑地と屋敷地の間には浅い溝が掘られ、石垣を築いて区画を行っています。また庭には、倉に向かう飛び石が菱形の連続配置のようなデザインで敷き並べられていました。庭の隅には、天明三年に浅間山が最初に噴火した際の火山灰をかき集めた山が数か所検出され、泥流に襲われることを知らず直前まで庭の清掃を行っていたことが分かります。
 徐々にではありますが、今から230年以上前の人々の生活がよみがえってきます。

連絡先/石川原遺跡調査事務所 090‐2654‐4624、070 - 2655 -7726


写真1 調査中の畑と屋敷(東から)

写真1 調査中の畑と屋敷(東から)

写真2 畑地と屋敷地を区画する溝と石垣 (北から)

写真2 畑地と屋敷地を区画する溝と石垣 (北から)


写真3 母屋から倉に向けて並ぶ飛び石 (北から)

写真3 母屋から倉に向けて並ぶ飛び石 (北から)

写真4 かき集められた火山灰 (北から)

写真4 かき集められた火山灰 (北から)


前ページへ戻るページトップへ戻る