歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

中棚Ⅱ(なかだなに)遺跡 平成28年5月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文、弥生、近世

遺跡の内容


遺跡は、吾妻川左岸の段丘面上に、国道を南北に挟む形で立地しています。南縁は吾妻川の河床から30mほどの断崖が形成されています。今年度の調査は、旧JR吾妻線長野原変電所跡地と国道を挟んで南側調査地(Ⅵ区)の西端から進めています。
第1面では、天明泥流によって畑が埋没した箇所(写真2の奥)、天明泥流被災後に復旧溝を掘った箇所(写真2の左右)、さらに、天明泥流被災後に泥流を鋤き込みながら耕作を継続していた箇所(写真2の手前)が確認できます。3箇所の違いは、天明泥流の厚さによって生じた耕作の工夫と考えられ、泥流が約60cm以上堆積した場所では、泥流の上から耕作を始めていることがわかります。復旧溝は、泥流により埋没した畑の耕作土を採取する目的で掘られ、採取した後の穴に泥流を埋め込み、その上に採取した耕作土を被せる天地返しを行っています。復旧溝の規模は、幅1.2m×長さ6m前後ありました。


連絡先/中棚Ⅱ遺跡調査事務所 090-2652-8848


写真1 天明泥流下畑の調査風景(西から)

写真1 天明泥流下畑の調査風景(西から)

写真2 天明泥流下遺構面の違い(北東から)

写真2 天明泥流下遺構面の違い(北東から)


前ページへ戻るページトップへ戻る