歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

下田(しもだ)遺跡 平成28年4月調査
調査場所

吾妻郡長野原町大字林地内

調査期間

平成28年4月1日~平成28年12月31日

調査原因

八ッ場ダム建設工事に伴う発掘調査

委託者

国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所

主な時代

縄文・近世

遺跡の内容


遺跡は、吾妻川左岸の舌状の段丘面上に立地しています。南縁は吾妻川により削られ河床から30mほどの断崖で接しています。表土下には天明三年(1783年)8月5日に発生した浅間山噴火に伴う泥流が厚く堆積し、調査区西側で1m~1.5m、東側で2mほどの厚さがあります。この泥流直下には、泥流が押し寄せる10日ほど前に降下した軽石が1cmほど堆積しています。
 4月から始まった調査では、天明泥流に埋もれた建物や畑などが見つかっています。建物は現在2棟確認でき、建物内跡からは鉄製品や石製品などの遺物が出土し、土坑も確認できました。建物周辺に広がる畑は、東西方向にサクが切られ、畑の畝間は幅20cm程の広いものと幅10cm程の狭いものがありました。今までの調査から、幅の広いものはイモ類、狭いものは麻が栽培されていたと考えられます。 調査は始まったばかりです。今後調査を進めていくなかで、多くの遺構・遺物の発見が期待でき、当時の集落の姿が明らかになっていくと考えられます。

連絡先/下田遺跡調査事務所 電話 090-5411-8578


写真1 調査区西側風景(D区 「丸岩大橋」から)

写真1 調査区西側風景(D区 「丸岩大橋」から)

写真2 建物、畑調査風景(D区 南から)

写真2 建物、畑調査風景(D区 南から)


前ページへ戻るページトップへ戻る