歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

間之原(あいのはら)遺跡平成22年4月調査
調査場所

太田市竜舞町地内

調査期間

平成22年4月1日~平成22年9月30日

主な時代

古代~近世

遺跡の内容

4月から調査を開始しました。まだ、発掘予定地の東端部の調査に入ったばかりです。全体の約5分の1の表土を剥がしたところ、掘立柱建物3棟、竪穴式住居2棟等を確認しました。掘立柱建物の年代は建物の周辺から出土する土器から判断すると、古代の建物と考えられます。
今後は、試掘調査の結果では遺構の密集度の濃い西側に入ってきますので、確認される遺構の数も増えてくるものと想定されます。

連絡先

間之原遺跡調査事務所 090-2654-4624


東端部で検出された遺構群

写真1 東端部で検出された遺構群

掘立柱建物

写真2 掘立柱建物

前ページへ戻るページトップへ戻る