歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品群馬の遺跡案内

中毛地区上野国分寺跡-高崎市東国分町・前橋市元総社町 奈良・平安時代-

国分寺は奈良時代の中頃、聖武天皇の命により全国に建てられました。僧寺と尼寺があり国分二寺ともいいます。群馬では関越自動車道をはさんで東に尼寺、西に僧寺の跡があります。
僧寺は昭和55年から発掘調査が行われ、現在、その成果にもとづいて南面の築垣(土をつき固めた塀)や塔・金堂の基壇が復元されて、史跡公園とする工事が進んでいます。
尼寺は畑になっていて、地表面からその跡を知ることはできません。

見学案内
関越自動車道前橋インターチェンジから約15分
バス
JR前橋駅から関越交通バス 金古王塚団地行きまたは群馬温泉行き 妙見前下車 北へ徒歩5分。
地図を表示
は遺跡の位置を表しています。
ここがポイント

国分寺は天平13年(741)の国分寺創建の詔によって、国を仏教の力によって守るために(「鎮護国家」と呼ばれる考え)作られました。地方の古代寺院の中では隔絶した規模をもち、「国の華」といわれて地域の文化・仏教の中心地となりました。
上野国分僧寺には高さ60mもある七重塔がそびえ、金堂、講堂、中門、南大門など、多くの建物が方約200mの築垣に囲まれる範囲に建ち並んでいました。さらにその周囲には寺院活動を支える諸施設が作られましたので、国分寺の範囲はかなり広大なものでした。
遺跡からは県内各地で作られた瓦が大量に出土しています。その建設工事は上野国の国をあげての事業であり、その維持・修理にも多大の労力が費やされていたことが分かります。
僧寺は文献資料や発掘調査の結果によって、平安時代の後期には衰退・廃絶してしまったことが判明しています。寺として続いていたのは、わずか300年間程度でした。

もっと知りたい!

遺跡南側にはガイダンス施設があり、出土した遺物が展示されています。遺跡の解説ビデオを見ることもできます。

前ページへ戻るページトップへ戻る