歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品群馬の遺跡案内

東毛地区阿佐美遺跡(あざみいせき)-みどり市笠懸町阿左美 縄文時代・中世-

阿佐美遺跡は駅の中にある遺跡です。
昭和29(1954)年、東武鉄道桐生線阿佐美駅のプラットホームの改修工事中に、縄文時代の竪穴住居と敷石住居が見つかりました。
そこで翌年、群馬大学による発掘調査がおこなわれたのです。
最初に発見された2棟の住居は、昭和35(1960)年に県の史跡に指定され、阿佐美駅構内に保存されています。
その後も笠懸町教育委員会により発掘調査が続けられ、おもに縄文時代中期から後期にかけてのムラと中世の城館があったことがわかりました。

見学案内
北関東自動車道伊勢崎インターチェンジより自動車で25分
電車
東武鉄道桐生線阿佐美駅の構内
地図を表示
は遺跡の位置を表しています。
ここがポイント

現在では、数多くの竪穴住居、敷石住居が発見されています。しかし、阿左美遺跡の最初の発掘がおこなわれたころには、群馬県内、とくに東毛地域では竪穴住居、敷石住居はほんの少ししか見つかっていませんでした。
中世の城館は、金山城主由良国繁の重臣、藤生善久の一族と関係があるのではないかと考えられています。

もっと知りたい!

阿佐美遺跡の遺物のほとんどは、笠懸野岩宿文化資料館に保管されています。岩宿遺跡を中心とした旧石器時代専門の資料館ですが、笠懸町内の遺物も保管しています。町内遺跡展などの機会に、これらの遺物が公開されています。

前ページへ戻るページトップへ戻る