歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品群馬の遺跡案内

北毛地区黒井峯遺跡-渋川市中郷 古墳時代-

榛名山の噴火で吹き出された軽石にすっぽり埋まってしまった1500年前の村が見つかった!
1982(昭和57)年に日本中を驚かせた遺跡が黒井峯遺跡です。
厚く積もった軽石を注意深く取り除くと、竪穴式住居はもちろん、穴を掘りこまずに、壁をめぐらして屋根をかけた平地式の住居や倉庫、牛や馬を飼っていた家畜小屋も見つかりました。建物を取り巻く垣根や道、そして苗代、祭りを行った跡も見られます。それまでの遺跡では見ることのできなかったものがぞくぞくとみつかり始めました。
古墳時代の村が、ごく細かいところまで、それも立体的にわかってきたのです。
まさに「日本のポンペイ」として全国の注目を浴びた黒井峯遺跡は、平成3(1991)年に国の史跡に指定されました。

見学案内

子持中学校のまわり一帯が黒井峯遺跡。
台地上の広い範囲が国の史跡(しせき)として大切に保存されています。
今は、特産のこんにゃくを栽培する畑が広がっているだけですが、渋川市では、古墳時代の村を復元した見学施設や資料館を備えた歴史公園として整備する計画を進めています。

地図を表示
は遺跡の位置を表しています。
ここがポイント

群馬は火山の多い県です。 火山は温泉や美しい景色を私たちに与えてくれる一方、大変な災害をもたらす恐ろしい存在でもあります。降り積もる火山灰や軽石、火砕流や泥流は、村も田畠も、すっかり埋めつくしてしまいます。
黒井峯遺跡は、6世紀に起きた榛名山の大噴火がもたらした分厚い軽石層の下から発見されました。遺跡の上に2㍍もの厚さに積もった軽石を採取する工事の最中に、古墳や竪穴住居のあとが発見されたのが調査のきっかけでした。調査の進行とともに、いままで知られている遺跡とは比べものにならない、けた違いの情報が軽石の下に秘められている事がわかってきました。最新の科学機器や分析技術を導入した、様々な工夫を凝らした発掘調査法が続けられました。
軽石の密封が解かれて、その日、そのときの地面がそのままに姿を現したのでした。黒井峯遺跡の発掘調査は、それまで持たれていた古墳時代村は「原始的な村だ」というイメージを、見事に打ち壊してしまいました。中世、あるいは江戸時代の農村を思わせるような、豊かな風景がそこにあったのです。
黒井峯遺跡の発掘調査以後、軽石や火山灰の下の遺跡調査は、さらに精密さを高めるようになりました。黒井峯遺跡に隣接する西組遺跡や、渋川市中筋遺跡などでもくわしい調査が行われています。
軽石の下の遺跡は、火山災害がどのように起こり、人々がどのようにそれに立ち向かっていったか、自然の力と、それに立ち向かう人間のすばらしさを私たちに教えてくれています。

もっと知りたい!

読売新聞社「日本の古代遺跡を掘る 4 黒井峯遺跡」(1994年)は、市教育委員会の調査担当者が書き下ろした、一般向けの解説書です。

前ページへ戻るページトップへ戻る