歴史を紐解く

事業団案内目的・沿革・業務

photo

目 的

公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団は、公共開発事業に伴う埋蔵文化財の調査と研究を行うとともに、 埋蔵文化財調査センター併設の発掘情報館を核として、生涯学習や学校教育と連携した公開事業を通じ、 文化財保護思想の普及を図り、県民文化の振興に寄与することを目的として設立されています。

沿 革
埋蔵文化財調査センター
1980年(昭和55年)4月1日  群馬県埋蔵文化財調査センター発足
1995年(平成8年) 7月1日 群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館開館
埋蔵文化財調査事業団
1978年(昭和53年)7月15日 法人設立認可(7月19日登記完了)
1978年(昭和53年)7月17日 前橋市平和町において業務開始
1980年(昭和55年)4月 8日 事務局を勢多郡北橘村下箱田784-2に移転
1984年(昭和59年)4月 1日 勢多郡北橘村下箱田627-1に分室を建設
1986年(昭和61年)4月 1日 多野郡吉井町南陽台3-15-8に関越道上越線調査事務所を設置
1992年(平成5年) 3月30日 分室を勢多郡北橘村下箱田650-8に移転
1993年(平成6年) 3月31日 関越道上越線調査事務所閉所
2001年(平成13年)3月31日 ホームページ開設
2001年(平成13年)4月1日 東毛調査事務所を設置
2002年(平成14年)4月1日 八ツ場ダム調査事務所を設置
2006年(平成18年)3月31日 東毛調査事務所閉所
2012年(平成24年)3月31日 分室閉鎖
2012年(平成24年)4月1日 公益財団法人に移行(4月1日登記完了)

事業団の主要業務
(1) 埋蔵文化財の調査・研究(発掘調査、出土遺物・記録図面・記録写真等の学術資料の整理、年報・研究紀要の作成)
(2) 埋蔵文化財保護思想の普及(現地説明会・公開普及デー・調査遺跡発表会等の開催・情報誌の発行、埋蔵文化財関連講座などへの講師派遣)
(3) 埋蔵文化財および関連資料の保管、刊行など
(出土遺物の科学的保存処理、考古資料等の保管・貸出、発掘調査報告書・年報・研究紀要などの刊行)
(4) 埋蔵文化財調査の技術指導(調査技術・方法等の指導・協力)

組 織

ページトップへ戻る