古墳時代
.
.
.
トップページへ
.
.
太田市塚廻り4号古墳. 古墳に見る毛野王国の力……明治大学教授 大塚 初重

 一九三八(昭和十三)年に群馬県は『上毛古墳綜覧』を刊行した。これは県下に分布する大小の古墳の戸籍台帳にあたるものである。約八千五百基の古墳が登録され、それ以来『古墳王国』の名が全国的に広まった。

毛野における古墳の変化

 西暦六世紀に入るとまもなく、畿内では前方後円墳が姿を消す。横穴式石室の導入や葬送に関する伝統的な考え方が薄れ、新しい中国や朝鮮半島からの葬送のイデオロギーの流入によって、大型墳丘を必要とする前方後円墳の築造は消滅していったのであろう。しかし毛野においては井野川流域、とくに高崎市周辺では 前方後円墳の築造が続いた。毛野の独自性というかカの誇示であった。一九六七年から六八年にかけて発掘された高崎市観音山古墳は、六世紀後半の毛野の大首長が、大和王権側ときわめて密接な関係にあったことを示した。全長百メートルの墳丘には二重の周堀がめぐり、墳丘中段には人物埴輪群が立ち、後円部には西南方向に入り口が開く横穴式石室が発見された。全長一二・五メートルのこの石室は角閃石安山岩を用いた整美なもので、玄室の長さ八・二メートル、幅三・八メートル、高さ二・二メートルという県内最大規模の石室であった。また奥壁寄りの天井石は二五トンに達する牛伏砂岩(うしぶせさがん)を用いていたから、石の切り出しから運搬に至るまでに投入された労働量は、想像を絶するものであったと思われる。毛野の六世紀段階の古墳文化の実力は、畿内の古墳文化に匹敵するものであったと考えられる。

埴輪に見る古代人の心

 群馬の古墳を語る際に埴輪を欠落させることはできない。それほど群馬は埴輪王国であり、日本における埴輪研究のメッカでもある。形象埴輪と呼ばれる人物や動物埴輪の作風がすぐれ、表情が豊かで古墳時代人の心情を表現しているようでもある。埴輪には円筒埴輪・朝顔形埴輸をはじめ、家・きぬがさ・椅子(いす)・高坏(たかつき)・盾(たて)・さしば・甲冑(かっちゅう)などの器財埴輪と人物動物埴輪など多種多様なものがある。



古墳時代 目次 解説 右島 和夫
鶏形土製品 船形木製品 壺形土器 鶏形埴輪
三角縁五神四獣鏡 銅鏃 器台形埴輪 三角縁同向式四神四獣鏡
三角縁竜虎画像鏡 方格規矩鏡 四獣鏡 狩猟文鏡
三角縁獣文帯四神四獣鏡 重圏文鏡 須恵器直口壺 石製模造品
高床倉庫家形埴輪 甲冑形埴輪 三角板革綴短甲 金製垂飾付き耳飾り
高坏形埴輪 椅子形埴輪 家形埴輪群 石製模造品
須恵器把手付き椀 土師器短頚壺、坏 鋲留式甲冑 画文帯神獣鏡
冠をかぶるあぐらの男子埴輪 金銅製飾履 狩の場面をあらわす埴輪群 腰に猪を吊す男子埴輪
冠をかぶるあぐらの男子埴輪 馬形埴輪 馬形埴輪 馬形埴輪
むかいあう人物埴輪群 馬ひきの男子埴輪と馬形埴輪 鞆形埴輪 盾形埴輪
各種勾玉、玉類 子持ち勾玉 須恵器四神飾り付き器台 形象埴輪群
太刀を持つ女子埴輪 坏を捧げる女子埴輪 ひざまづく男子埴輪 坏を持ち椅子に腰掛ける女子埴輪
椅子に腰掛ける男子埴輪 馬ひきの男子埴輪と馬形埴輪 人の乗る馬形埴輪 挂甲をつけた武人埴輪
坏を持つたすき掛けの女子埴輪 犬形埴輪 猪形埴輪 挂甲をつけた武人埴輪
人物埴輪群 三人童女 皮袋を捧げ持つ女子埴輪 挂甲をつけた武人埴輪
振り分け髪の男子埴輪 馬ひきの男子埴輪 銅製水瓶 頭椎大刀
銀象嵌大刀 金銅製心葉形透彫杏葉 獣帯鏡 金銅製鈴付き大帯
須恵器有蓋台付き壺 金銅製単鳳環大刀 銅製馬鈴 単鳳環頭大刀
円頭大刀 帽子形埴輪 大刀形埴輪 金銅製単龍環頭大刀
猿付き円筒埴輪 家・器材埴輪群 人物・動物埴輪群 振り分け髪の男子埴輪
肩に鷹をとまらせる男子埴輪 馬形埴輪 銀象大刀 金銅製双龍環頭大刀
金銅製冠 金銅製大帯 挂甲をつけた武人埴輪 冠をかぶる男子埴輪
冠をかぶる広帯の男子埴輪 琴をひく男子埴輪 帽子をかぶる正装埴輪 鍬を担ぐ男子埴輪
挂甲をつけた武人埴輪 鈴鏡をつけ椅子にすわる女子埴輪 踊る埴輪 五鈴鏡
承台付き銅鋺 金銅製心葉形透彫杏葉 銀製鶏冠頭大刀 五鈴鏡
七鈴鏡 馬形埴輪 金銅製単龍環頭大刀