飛鳥・奈良・平安時代
.
.
.
トップページへ
.
.
上野国分寺の築地塀 心を求める古代の世界……京都大学名誉教授 上田 正昭

仏教文化の受容

 飛鳥時代とは推古期を中心とする前後のおよそ百年間、すなわち六世紀の後半から七世紀前半の時代を指す。この時代名は奈良県高市郡明日香村の地域、つまり、大和飛鳥(やまとあすか)に主として当時の宮処(みやこ=都)があったのにもとづいて称されてきたわけだが、いわゆる大和飛鳥のみに飛鳥時代の文化が花を咲かせたのではない。

古墳から寺院へ

 いわゆる公伝年よりも前に、仏教関係の文物が古墳から出土している。たとえば、京都府園部町の垣内(かいと)古墳や奈良県広陵町の新山(しんやま)古墳(ともに四世紀後半)には、仏獣鏡が副葬されており、さらに長野県の御猿堂古墳出土の鏡にも仏体をかたどるものや、岡山県の王墓山古墳出土の絵文様縁仏獣鏡などがある。仏像や仏具などが伝来したことを仏教伝来のメルクマールとするなら、こうした仏獣鏡の出土も軽視するわけにはいかない。

伽藍と三碑

 七世紀の中葉ともなれば、群馬の各地に寺院が建立されるようになる。七世紀代の寺院跡の代表的な例としては、前橋市の山王(さんのう)廃寺、伊勢崎市の上植木(かみうえき)廃寺、太田市の寺井廃寺、吾妻町の金井廃寺などがある。なかでもひときわ注目されるのは山王廃寺であった。

神と仏への祈り

 上野国の古代寺院の数は六十一カ所におよんで、関東では屈指の仏教国であったことがうかがわれる。東国巡錫の最澄(伝教大師)と鬼石(おにし)町の浄法寺の道忠との関係もそうした仏教文化を背景とする。上野国分寺は前橋市の元総社町と群馬町東国分にあった。上野国府の西北に位置し、塔跡・金堂跡などが残っている。『続日本紀』には、天平勝宝元年(七四九)五月、碓氷郡の石上部君諸弟(いそのかみべきみもろおと)らが国分寺に「知識の物」を献じて叙位されたことを記載する。伽藍の整備に在地の有力氏族の寄進のあったことがわかる。国分尼寺は金堂跡の東四百bばかりの位置にあったと推定されているが、国分寺や尼寺は、平将門の争乱や治承四年(一一八○)九月の足利太郎俊綱らによる上野国府の炎上で兵火をうけたと伝えられている。



飛鳥・奈良・平安時代 目次 解説 松田猛
塑像頭部(前橋市山王廃寺) 塔心礎(前橋市山王廃寺) 塔心柱根巻石(前橋市山王廃寺)
石製鴟尾(前橋市山王廃寺) 軒丸瓦(前橋市山王廃寺) 軒丸瓦(太田市寺井廃寺)
軒丸瓦(伊勢崎市上植木廃寺) 軒丸瓦(吾妻町金井廃寺) 文字瓦(前橋市山王廃寺)
山ノ上碑(高崎市山名町) 多胡碑(吉井町) 金井沢碑(高崎市山名町)
奈良三彩小壺(前橋市桧峯遺跡) 唐三彩陶枕(新田町境ヶ谷戸遺跡) 軒瓦(上野国分寺)
文字瓦(上野国分寺) 緑釉水注等(前橋市山王廃寺) 線刻紡錘車・墨書土器(沼田市戸神諏訪II遺跡)
瓦塔(前橋市上西原遺跡) 緑釉陶器、灰釉陶器(前橋・高崎) 土器群(上野国分僧寺・尼寺中間地域遺跡)
長頚壺(上野国分僧寺・尼寺中間地域遺跡) 八稜鏡(箕郷町下芝五反田遺跡) 小金銅仏(渋川市有馬条里遺跡)
墨書土器・線刻紡錘車(前橋市・吉井町) 墨画土器(前橋市柳久保水田跡) 銅印(高崎市矢中村東遺跡)