歴史を紐解く

発掘情報館発掘情報館だより

「平成30年度 公開考古学講座」開催のおしらせ
 上野の森にある東京国立博物館、日本の歴史と文化を代表する国宝・重要文化財などの品々が陳列され、海外からのお客様も多く訪れる観光スポットとなっていますが、実は展示・保管資料のなかに群馬県出土の優品が多いことをご存じでしょうか?

 今年度は、東京国立博物館の井上副館長を講師にお招きし、博物館と群馬県出土資料についてご講演いただきます。

 下記のとおり、「公開考古学講座」を開催いたします。
 多くの方のご来場をお待ち申し上げております。

◆日時  平成31年2月23日(土) 13:00開場 13:30~15:00講演
◆会場  前橋テルサ ホール
◆演題  「東京国立博物館を彩る群馬県出土の考古資料」
◆講師  東京国立博物館 副館長 井上洋一 先生
◆対象  一般(高校生以上)
◆後援  群馬県教員委員会
◆費用  入場無料/資料代300円程度
◆申込  不要/定員500名

※お車でお越しの方は、市営パーク5番街・市営パーク千代田をご利用ください。講演会受付にて無料券を発行いたします。

※詳しくはチラシをご覧下さい。

「平成30年度 公開考古学講座」開催のおしらせ

▲チラシ:クリックで拡大

前ページへ戻るページトップへ戻る